民事再生手続き中のツクモ、なんば店を含む全店を一時閉店

民事再生手続き中のツクモ、なんば店を含む全店を一時閉店

民事再生手続き中の九十九電機(ツクモ)は、本日より全店舗の営業を一時休止している。
なんさん通りの「なんば店」での掲示および公式サイトでの説明によれば、同社の商品在庫にはNECリースの担保権が設定されており、その担保権が実行(=在庫の差し押さえ)された為、一時的に営業を中断するとしている。NECリースのプレスリリースによれば、8月29日に九十九電機に対し、商品在庫を担保としたABL(アセット・ベースト・レンディング)と呼ばれる運転資金融資を行っていたとのこと。

なお、営業休止期間は25日までとなっている。

■関連リンク
ツクモ(本日15:00現在メンテナンス中となっており、今回の事態を説明する文面のみが掲載されている)
NECリース
NECリース、九十九電機株式会社にABLで増加運転資金を提供~ABLで中堅企業の事業拡大を支援~(NECリース株式会社のプレスリリース)
【速報】民事再生手続き中の九十九電機、商品在庫差し押さえ現場リポート(GIGAZINE)
■関連記事
2008.10.30 – PCパーツショップ「ツクモ」の九十九電機、民事再生法を申請

Top
PAGE TOP