リニューアル・業態変更

1/28ページ
  • 2019.05.24

エーツー日本橋本店が「駿河屋」へリニューアル 駿河屋は日本橋3店舗体制に

アニメ関連グッズやゲームをはじめ、各種ホビー系商品の中古専門店として日本橋で長年営業していた「エーツー 日本橋本店」が、5月24日より「駿河屋 大阪日本橋本館」としてリニューアルオープンした。駿河屋は同日、オタロード沿いでも新たに女性向け商材専門店「オタロード乙女館」をオープン、日本橋エリアで3店舗を展開することになる。

  • 2019.04.05

ジーストア、オタロードの「アネックス」をイベントスペースとしてレンタル開始

アニメ・ゲーム等のキャラクターグッズ専門店「ジーストア」(タブリエ・マーケティング株式会社、本社・東京都渋谷区)が運営する、日本橋のイベントスペース「ジーストア大阪アネックス」が、新たにレンタルスペースとしての営業を開始した。

  • 2018.10.30

ソフマップ、オタロードの2店舗を統合 11月からは新「なんば店」に

ビックカメラグループのPC専門店・ソフマップ(東京都千代田区)は、日本橋エリアで展開している「なんば店ザウルス1」「なんば店ザウルス2」の2店舗を統合、11月2日より新たに「なんば店」としてリニューアルオープンする。リニューアルの一環として「ザウルス2」は10月28日で閉店しており、今後は残る「ザウルス1」に売場を集約して店舗名を改称する形となる。

  • 2018.07.05

ガンショップ「グルカ」が増床リニューアル 堺筋沿いに拡張

同人誌専門店「とらのあな」は、日本橋エリア2店舗のうち女性向商材専門店として営業する「なんば店B」を8月1日にリニューアルオープンした。これまでは入居するビルの1階のみを店舗としていたが、リニューアル後は2階まで広がり、売場面積も約3倍に増床されることとなった。 2階部分には隣接する「なんば店A」より玩具・CD・DVD・BDの売場を移設し、女性向け同人誌をはじめとする取扱商材のラインナップも大幅に拡大。また、同店が行う通信販売の「店頭受取サービス」の取り扱いも新たに開始している。

  • 2018.07.04

とらのあな、堺筋沿いの「なんば店B」を増床 中古専門「セカンド」の導入も

同人誌専門店「とらのあな」は、日本橋エリア2店舗のうち女性向商材専門店として営業する「なんば店B」を8月1日にリニューアルオープンした。これまでは入居するビルの1階のみを店舗としていたが、リニューアル後は2階まで広がり、売場面積も約3倍に増床されることとなった。 2階部分には隣接する「なんば店A」より玩具・CD・DVD・BDの売場を移設し、女性向け同人誌をはじめとする取扱商材のラインナップも大幅に拡大。また、同店が行う通信販売の「店頭受取サービス」の取り扱いも新たに開始している。

1 28