南海なんば駅近くに自家焙煎の珈琲専門店「嵜本珈琲」がオープン

南海なんば駅近くに自家焙煎の珈琲専門店「嵜本珈琲」がオープン

難波中2丁目・南海なんば駅南口近くに、自家焙煎の珈琲専門店「嵜本珈琲」がオープンした。3月27日より営業を開始している。

名前の通り、当店は道路を挟んで向かい側に本店がある高級食パン専門店「嵜本」(株式会社ドロキア・オラシイタ、本社・大阪市浪速区)の系列店。同社はこの場所で2017年11月より、ジャム専門店「アンドジャム」を営業していたが、コロナ禍などの影響もあり昨春に営業を終了。その後約1年のブランクを経て、新たな業態での再オープンとなった。
店内には焙煎機を備え付け「高級食パンに合う珈琲」をテーマに自家焙煎した珈琲を販売。スペシャリティコーヒーであるパプアニューギニアとグァテマラを中心とし、「深いコクと他にはないスパイシーな後味」を出すためにインドネシアのマンデリンを加えているという(100g750円~)。珈琲豆の販売だけでなくその場で味わえるコーヒーやカフェラテなども、店頭にてテイクアウトが可能となっている。

住所:浪速区難波中2-2-6

■関連リンク
嵜本珈琲
株式会社ドロキア・オラシイタ

■関連記事
南海なんば駅近くに高級ジャム専門店「アンドジャム」がオープン カフェも併設(2017年11月17日)
南海なんば駅近くに高級食パン専門店「嵜本」が12日オープン(2017年11月08日)