日本橋5丁目で新たなホテル建設計画 インバウンド特化型か

日本橋5丁目で新たなホテル建設計画 インバウンド特化型か

日本橋5丁目の、堺筋アーケード西側に面した一角で新たなホテルの建設計画が発表されている。
現地に掲示された建築計画概要によると、建築主は株式会社ダオン(本社・北海道旭川市)で、ホテルの営業予定者は福岡市の「ランドーレジデンシャルホテル福岡」など、インバウンド向けホテルの運営を手がける株式会社Satisfill(本社・福岡市)。建物は地上10階建、敷地面積約322㎡、延床面積約1,692㎡(容積対象)の規模で、客室数と宿泊定員は21室195名を予定。今年8月に着工、2020年10月の竣工を予定している。

住所:浪速区日本橋5-12-4

■関連リンク
株式会社Satisfill

■関連記事
WBF、日本橋5丁目で新たなホテル建設計画(2019年04月20日)
日本橋5丁目の元「正気屋産業」跡は解体され更地に(2019年03月20日)
日本橋5丁目・テクノランド南隣に「アパホテル」が進出へ
(2018年07月18日)
日本橋5丁目に「ホテルWBF アートステイなんば」がオープン(2017年05月27日)