女性向け同人誌専門店「明輝堂」が復活 オタロードに新店舗

女性向け同人誌専門店「明輝堂」が復活 オタロードに新店舗

今年6月に経営破綻した女性向け同人誌専門店「明輝堂」が復活、オタロードに新店舗を11月30日にオープンした。アニメ関連グッズやフィギュア・ボードゲーム・プラモデルなどホビー商品全般を取り扱う専門店大手の「駿河屋」(株式会社エーツー、本社・静岡市駿河区)がその事業とブランドを継承したもので、今後は同社の店舗ブランドの一つとして展開していくものとみられる。

駿河屋の日本橋での既存店舗「日本橋オタロード乙女館」を増床、これまでの1フロア展開から2フロアに拡張し、新たなフロアをまるごと「明輝堂」とした。そのため、公式サイトでは同店内のインショップとして位置づけられているが、店頭の看板などではほぼ独立店舗に近い扱いとなっている。

経営破綻前の明輝堂は広島を拠点に大阪・名古屋・東京で店舗を展開していたが、同業他社との競争激化から近年は売上が低迷。2018年には東京から全面撤退、広島でも店舗を閉店し通販事業の拠点のみとするなど業容を縮小しながら立て直しを図っていたが、今年に入って残る大阪と名古屋の店舗を閉店し自己破産に至った。
その後、駿河屋が店舗ブランドと事業の一部を引き継ぎ「supported by 明輝堂」を付加した新店舗を大阪と名古屋にオープンすることを発表していた。なお、名古屋では明輝堂の元店舗をそのまま活用する形で11月30日に「名古屋駅前乙女館 supported by 明輝堂」がオープンしている。

■関連リンク
駿河屋

■関連記事
女性向け同人誌専門店「明輝堂」ブランドが復活へ 駿河屋が継承(2019年10月10日)
女性向け同人誌専門店「明輝堂」が事業停止 なんば店も閉店(2019年06月26日)
エーツー日本橋本店が「駿河屋」へリニューアル 駿河屋は日本橋3店舗体制に(2019年05月24日)