女性向け同人誌専門店「明輝堂」が事業停止 なんば店も閉店

女性向け同人誌専門店「明輝堂」が事業停止 なんば店も閉店

女性向け同人誌専門店「明輝堂」(めいきどう)が6月24日付で事業を停止、事実上経営破綻したことが明らかになった。南海なんば駅南口近くで営業していた「スペースなんば店」(難波中2-3-20)も、同日付で閉店している。


事業停止の告知が掲載された明輝堂の公式サイト(6月24日 20:30現在のスクリーンショット)

同店を運営する株式会社明輝堂(本社・広島市)は1993年に設立。女性向け同人誌の買取・販売に特化した専門店として、本社のある広島のほか大阪・名古屋・東京(池袋・秋葉原)にも店舗を展開し、東京商工リサーチによると2012年8月期には約7億4600万円の売上高を上げていたという。
しかし近年は同業他社との競争激化により売上が低迷、2016年には秋葉原店を閉店、2018年には池袋店を閉店し東京地区から撤退。本社のある広島でも実店舗を閉店し通販事業の拠点のみとするなど、店舗網を縮小しながら事業の立て直しを図っていたが、業況は回復せず今回の措置となった。
なお、同社の公式サイトによれば従業員も破産手続準備のための数名を残してその他全員を即日解雇。今後は速やかに会社の破産手続開始を広島地方裁判所に申し立てる予定としている。

■関連リンク
明輝堂 ※現在は、トップページに事業停止の告知を掲載しているのみ