秋葉原の戦国メイドカフェ&バー「もののぷ」が日本橋に進出

秋葉原の戦国メイドカフェ&バー「もののぷ」が日本橋に進出

秋葉原で人気の戦国メイドカフェ&バー「もののぷ」が、大阪・日本橋に進出することが明らかになった。出店地は、日本橋4丁目の堺筋から少し東側に入った一角にあるビルの2階部分で、「戦国メイドカフェ&バー もののぷNAMBA」の名称で4月19日のオープンを予定している。


「もののぷ」のイメージビジュアル(同店のプレスリリースより)

「もののぷ」は、「萌え文化と戦国時代の融合」をコンセプトにしたユニークなメイドカフェとして、東京・秋葉原に2009年オープン。流行り廃りの激しい秋葉原で現在まで一定の人気と知名度を維持し、年間約2万人の来店があるという。同店を運営するぱるてのんプロ(本社・東京都千代田区)はこれまでにも日本橋エリアで複数の店舗を展開してきたが、創業10周年の節目に満を持して、祖業であり最も知名度が高い「もののぷ」業態を大阪へ投入することとなった。

住所:浪速区日本橋4-8-17 KIKビル2F

■関連リンク
戦国メイドカフェ&バーもののぷ
株式会社ぱるてのんプロ

■関連記事
日本橋4丁目に電子タバコ専門店「KATANA」がオープン(2019年01月09日)
日本橋4丁目にメイドカフェ&バー「どっとえむ」がオープン(2018年10月29日)
“仮想通貨カフェバー”の「コインズ」、オープン3か月で移転へ(2018年08月23日)
日本橋4丁目に“仮想通貨カフェバー”の「コインズ」がオープン準備中(2018年05月02日)
オタロード近くに「童話」がテーマのカフェ「クラインパラスト」がオープン(2017年11月03日)
オタロード近くにうさぎ雑貨専門店「ラリアン」がオープン(2017年05月05日)