インスタ映え確実? 南海なんば駅近くにアートスペース「AKICHI」が20日オープン

インスタ映え確実? 南海なんば駅近くにアートスペース「AKICHI」が20日オープン

南海なんば駅南口近くの路地裏に、“メッセージ発信型フォトスペース”と銘打ったアートスペース「AKICHI」が3月20日にオープンする。
「AKICHI」はその名の通り「空地」に由来し、隣接する高級食パン専門店「嵜本」の順番待ちスペースとなっていた空地を活用する形で建設されたもの。運営を手がけるのは「嵜本」のほか、焼きたてチーズタルト専門店「PABLO」などを展開するドロキア・オラシイタ(本社・大阪市浪速区)で、公式サイトによると施設のコンセプトは「スイーツとアートの融合」。「この場所でしか体験できない感覚や感情を提供する、フォトジェニックなスイーツとアートの空間」を目指すという。オープン後は「嵜本」や、路地をはさんだ向かい側に位置する系列のカフェ「&jam(アンドジャム)」とも一体化する形で運営を行っていくものとみられる。
まずは3月20日に同社の新業態となるソフトクリーム専門店「DEGLAB(ディグラボ)」がオープンし、追ってティースタンドなどもオープンする計画の模様。新たな観光スポットとしても注目を集めそうだ。

住所:浪速区難波中2-2-6

■関連リンク
AKICHI

■関連記事
南海なんば駅近くに高級ジャム専門店「アンドジャム」がオープン カフェも併設(2017年11月17日)
南海なんば駅近くに高級食パン専門店「嵜本」が12日オープン(2017年11月08日)