三菱UFJ銀行、大阪恵美須支店を移転統合へ

三菱UFJ銀行、大阪恵美須支店を移転統合へ

三菱UFJ銀行は、日本橋5丁目で営業している「大阪恵美須支店」(日本橋5-13-6)を6月17日より難波支店に統合することを発表した。なお、統合後もブランチインブランチの形で難波支店内に店舗が存続するため、既存顧客の店番・支店名・口座番号に変更はなく、従来の通帳やキャッシュカードもそのまま使うことができる。また、統合後も現店舗の跡地または近隣にATMコーナーを設置することで代替するとしている。
日本橋エリアには、三菱UFJ銀行のほか過去には名古屋銀行、りそな銀行の支店も存在したが、いずれも2000年代に撤退しており、これにより銀行の支店はすべて消滅することになる。

■関連リンク
三菱UFJ銀行 ※大阪恵美須支店に関する情報はこちら

■関連記事
恵美須町・りそな銀行跡の商業ビルに「サイゼリヤ」がオープン(2013年05月16日)