日本橋5丁目・共電社跡はホテル建設へ 来年5月完成予定

日本橋5丁目・共電社跡はホテル建設へ 来年5月完成予定

昨年8月に閉店し、その後更地となっていた日本橋5丁目・堺筋アーケード東側の「共電社」跡(1枚目画像中央の仮囲い部分)には、ホテルが建設されることが明らかになった。
現地に掲示された建設計画概要によると、建築主は旅行会社のホワイトベアー・ファミリー(大阪市北区)で、建物の規模は地上9階建、延べ面積は約2,000平方メートル。今年6月に着工、竣工は来年5月を予定している。
なお、同社は先月日本橋2丁目でもカプセルホテル「シェルネルなんば」をオープンさせており、今後も「温泉付きホテルやビジネスホテルなど様々なタイプのホテルを大阪なんば中心に十数件の開発を計画」しているという。

■関連リンク
株式会社ホワイトベアー・ファミリー
シェルネルなんば

■関連記事
日本橋3丁目交差点角にカプセルホテル「シェルネルなんば」がオープン(2016年04月09日)
日本橋3丁目・堺筋沿いにホテル進出計画 マンションから計画変更(2016年03月27日)
日本橋5丁目の共電社跡、店舗建物は解体か?(2015年12月08日)
日本橋4丁目・堺筋沿いに新たなホテル進出計画(2015年08月12日)
日本橋5丁目の高級オーディオ専門店「共電社」が閉店へ(2015年08月10日)
日本橋4丁目・堺筋沿いにビジネスホテル「東横INN」がオープン(2015年07月27日)

20160505_1

20160505_2

Top
PAGE TOP