日本橋5丁目・三菱UFJ銀行跡はマンションに 来夏着工へ

日本橋5丁目・三菱UFJ銀行跡はマンションに 来夏着工へ

今年に入って建物が解体され、現在はコインパーキングとして暫定利用されている日本橋5丁目・堺筋アーケード西側の三菱UFJ銀行大阪恵美須支店跡には、マンションが建設されることが明らかになった。

現地に掲示された建築計画概要によれば、関西地盤の不動産デベロッパー・日商エステム(本社・大阪市中央区)が建築主となり、高さ約45m・地上15階建の規模で来年8月の着工を予定。竣工は2023年2月末を予定している。

住所:浪速区日本橋5-13-6

■関連リンク
日商エステム

■関連記事
三菱UFJ銀行、大阪恵美須支店を移転統合へ(2019年03月18日)
日本橋5丁目・三菱UFJ銀行大阪恵美須支店跡の解体工事が始まる(2020年05月25日)