日本橋に国内初の“eスポーツ特化型ホテル”が来春オープンへ

日本橋に国内初の“eスポーツ特化型ホテル”が来春オープンへ

関西を中心に住宅分譲やホテル運営などを手掛ける不動産デベロッパー・サンユー都市開発(本社・堺市堺区)は、「泊まれるeスポーツ施設」をコンセプトにした国内初の“eスポーツ特化型ホテル”「e-ZONe ~電脳空間~」を2020年4月に日本橋にオープンすることを発表した。


施設外観イメージ


建設予定地の現況(写真左側の空地部分)

「e-ZONe ~電脳空間~」は、eスポーツを初めて体験したり、オフ会を開催したり、大会前の泊りがけの合宿を実施したり、「eスポーツ」を楽しむプレイヤーに至福の体験を提供する施設として企画。個人での利用だけでなく、各種大会やイベントなどの開催も予定している。
施設は地下1階から8階までの全9フロアで、1階~3階がゲーミングフロア、4階~8階がキャビン(宿泊)フロアとなる。施設内には最大71席のハイスペックPCブースを用意するとともに、実況配信用の設備も完備。また、地下1階にはシャワーフロア、7階にはハイスペックPCを設置する特別ルームフロアも設けるという。


ハイスペックPCブースのイメージ



7階特別ルームフロアのイメージ

住所:浪速区日本橋4-9-6

■関連リンク
e-ZONe 〜電脳空間〜
サンユー都市開発

■関連記事
小劇場「インディペンデントシアター2nd」が来秋の移転計画を発表(2019年09月04日)
日本橋4丁目で新たなホテル建設計画(2019年02月23日)