オタロード近くに「き田たけうどん」がオープン 「釜たけ」創業店主の再始動

オタロード近くに「き田たけうどん」がオープン 「釜たけ」創業店主の再始動

難波中2丁目の、なんさん通りから一筋南に入った路地裏にある「丸丹無線ビル」1階に、うどん専門店「き田たけうどん」が3月1日にオープンした。
昨年6月に惜しまれながら閉店した、難波千日前の「釜たけうどん」創業店主・木田武史氏の新たなスタートとなる店舗で、うどんは「釜たけ」時代の極太麺から一転、極細麺の仕上がりとなっている。
当面は昼時間帯のみの営業となるが、店内には日本酒が多数揃っていることなどを考えると、いずれは夜営業も開始することを念頭に置いているものとみられる。座席数はテーブル席16席、カウンター7席の計23席。

住所:浪速区難波中2-4-17

■関連記事
「釜たけうどん」の創業店舗が事実上の復活 オタロード近くに新店舗オープンへ(2018年02月06日)
オタロード近くの丸丹無線ビルが改装中 新規テナント入居か?(2017年12月01日)


オープン初日は長蛇の列が出来た


主なメニュー


看板メニューのひとつ「炙り牛肉ぶっかけ」

Top