日本橋5丁目にサブカル特化型ギャラリー「モモモグラ」がオープン

日本橋5丁目にサブカル特化型ギャラリー「モモモグラ」がオープン

日本橋5丁目・恵美須町駅近くに、サブカルチャー特化型のギャラリースペース「モモモグラ」が1月27日にオープンした。
難波千日前・味園ビルでライブバー「白鯨」「紅鶴」やジビエ料理専門店「赤狼」などを運営するB・カシワギ氏が手がける新たな店舗で、立ち上げにあたりカシワギ氏は公式サイトで「大阪日本橋で生きていても、足りないものがある。それは、本物である。漫画、写真、イラスト、サブカル、それらを愛する気持ちはこんなにも日本橋に溢れているのだから、原画、原版、作家に出会える機会がもっと欲しい!」と、目指すコンセプトとその意気込みを語っている。
運営面では、リイド社のWEBコミックサイト「リイドカフェ」で「劇画狼のエクストリームマンガ学園」を連載中の劇画狼氏をディレクターに起用。両者共同で今後の企画運営を行っていく。
オープン直後の企画としては、ライター・イラストレーター・漫画家であり“禁断の場所”のスペシャリストでもある村田らむ氏の写真展「消滅の場所展」(1月27日~2月10日)、続いて「千日前プロレス展」(2月17日~25日)を予定。また、春以降には劇画狼氏のプロデュースによる、個性あふれる漫画家らの原画展も多数予定しているという。

住所:浪速区日本橋5-7-10 山田ビル405

■関連リンク
モモモグラ

Top
PAGE TOP