上海新天地、傘下のラオックスを前面に出してリニューアル

上海新天地、傘下のラオックスを前面に出してリニューアル

中国関連商品を主に取り扱うショッピングセンター「上海新天地」(日本橋2丁目・堺筋西側)では、8日よりフロアリニューアルが行われている。
リニューアル後は、集客核であった免税店「ラオックス」が1・2階の大部分を占めるようになり、ビル入口もその存在を大きく強調したものに変更されている。

なお、「上海新天地」の運営会社(日本観光免税株式会社)は昨夏にラオックス本体に資本参加、現在は第2位の株主となっている(筆頭株主は中国の大手家電量販店「蘇寧電器集団」傘下の投資ファンド)。

■関連リンク
上海新天地
ラオックス
■関連記事
2009.06.26 – 「上海新天地」の運営会社、ラオックスの大株主に
2009.05.30 – 「上海新天地」の運営会社、社名を「日本観光免税」に変更
2006.01.18 – ラオックス、「上海新天地」に免税店を28日開店

Top