オタロードの博多長浜ラーメン「楓神」はわずか8か月で撤退へ

オタロードの博多長浜ラーメン「楓神」はわずか8か月で撤退へ

難波中2丁目・オタロード沿いで営業していたラーメン店「博多長浜らーめん 楓神(ふうじん)」(難波中2-4-3)は、今月14日で閉店することを発表した。昨年6月のオープンからわずか8か月弱での撤退となる。
「楓神」は、家系ラーメン専門店「魂心家」を運営するトイダック(本社・神奈川県大和市)が展開する博多長浜ラーメン専門店。当店のほか埼玉・東京でも店舗を展開していたが、関東地区の店舗は昨年中にすべて閉店しており、当店の閉店で「楓神」ブランドの店舗は消滅することになる。

■関連リンク
博多長浜らーめん 楓神
株式会社トイダック(「楓神」の運営会社)

■関連記事
オタロードに博多ラーメンの「楓神」がオープン 「魂心家」の系列店(2018年06月01日)