メイドカジノ「うさぽわーる」、閉店後は同業者が出店 一部引継の可能性も

NO IMAGE

日本橋初の「メイドカジノ」業態として2010年9月にオープンし、9月2日の営業をもって閉店した「うさぽわーる」(日本橋西1-4-2、オタロード西側)だが、後継テナントも引き続きメイドカジノとなることが明らかになった。
9月22日からは「きゅーぶ」という名称の新店舗がオープンする予定で、運営等は全くの別業者となるが、「うさぽわーる」の公式ブログによれば「システムや料金体制は一新されまったくの新店舗となる予定ではありますが、現在皆様に預けて頂いているチップの残高は引き継がれる可能性がある」としている。

なお、既に開設された「きゅーぶ」の公式サイトには、姉妹店としてナスカグループ各店舗(「まーめいど」「ポコスター」「ナスカ」「フロンティア」「ゆにこーん」「カフェドール」)へのリンクが張られており、「きゅーぶ」も同グループ傘下の店舗と推測される。

■関連リンク
うさぽわーる
きゅーぶ
■関連記事
2012.07.22 – アミューズメントカジノ「うさぽわーる」、9月の閉店を発表
2012.05.30 – メイドカフェ「カフェドール」、ナスカグループ傘下へ
2010.09.06 – アミューズメントメイドカジノ「うさぽわーる」、9/6オープン

Top