スーパーポテト、なんば店を6月末で閉店へ 

スーパーポテト、なんば店を6月末で閉店へ 

ゲームソフト専門店「スーパーポテト」は、難波・日本橋エリアで展開する2店舗のうち「難波店」(中央区難波千日前15-17)を6月末で閉店すると発表した。閉店の理由は、店舗が入居するビルの取り壊しによるものとしている。7月以降、難波・日本橋エリアでの店舗展開は「オタロード店」1店舗のみとなる。

スーパーポテトは大阪を拠点に東京・名古屋で合計8店舗を展開するゲームソフト専門店で、最新作だけでなくファミコンやプレステなどレトロゲームの中古販売にも強みを持つ。大阪でも特に難波・日本橋エリアにおいてはかつて多数の店舗を展開していたが、近年は店舗の集約を進め、2016年以降は当店とオタロード沿いの「オタロード店」の2店舗体制となっていた。

■関連リンク
スーパーポテト(なんば店閉店の告知はこちら

■関連記事
スーパーポテトの「G1」が閉店 トレカ専門店は事実上の撤退か(2016年09月03日)
スーパーポテト、トレカ専門店「G3」を閉店(2013年09月25日)
オタロードにレトロゲーム専門店「スーパーポテト レトロ館」がオープン(2012年04月03日)