難波中2丁目「ポポラマーマ」跡には「ホリーズカフェ」がオープンへ

難波中2丁目「ポポラマーマ」跡には「ホリーズカフェ」がオープンへ

日本橋エリアへの入口に当たる難波中2丁目・南海なんば駅南口近くでカフェ「ホリーズカフェ」が10月31日のオープンに向けて準備中。出店予定地は、今年9月まで営業していたパスタ専門店「ポポラマーマ」の撤退跡。ホリーズカフェは、かつて日本橋4丁目にも店舗があったが2007年に撤退しており(跡地はその後紆余曲折を経て、現在はホビーランドぽちとなっている)、今回の出店で日本橋エリアには13年振りの復活となる。

ホリーズカフェ(株式会社ホリーズ、本社・京都市南区)は、1972年に京都でオープンした「からふねや珈琲店」を源流としたカフェチェーン。2000年代よりセルフサービス業態のサブブランドとして「ホリーズカフェ」の展開を本格化、現在関西各地で約90店舗を展開している。なお、祖業の「からふねや珈琲店」部門については2006年に他社へ売却された後、現在はJR西日本系列の「ジェイアール西日本フードサービスネット」が運営しており、ホリーズとの直接的な関係はなくなっている。

住所:浪速区難波中2-2-12

■関連リンク
ホリーズカフェ

■関連記事
難波中2丁目の生パスタ専門店「ポポラマーマ」は9月に閉店へ(2020年08月04日)
日本橋4丁目の「ホリーズカフェ」、22日で閉店(2007年03月23日)