オタロード南端にうなぎ釣り専門店「大阪屋」がオープン

オタロード南端にうなぎ釣り専門店「大阪屋」がオープン

日本橋西1丁目・オタロードの南端に、うなぎ釣り専門店「大阪屋」が7月11日にオープンした。
うなぎ釣りとは、水槽に入れられたうなぎを針で引っかけて釣り上げる遊びで、祭りの屋台などでは時折見かけることもあるが、このような常設型の店舗は珍しい。店主の話によると、和歌山市中心部の繁華街「ぶらくり丁」で60年以上営業している専門店から暖簾分けを受けてオープンしたとのこと。
料金は1回1,000円となっているが、途中でうなぎに逃げられても釣り糸から鉤針が切れない間は再挑戦が可能。また、釣り上げたうなぎは持ち帰ることもできるが、別途200円を払うことで、そのばで捌いて蒲焼にまでしてもらうことも出来る。

住所:浪速区日本橋西1-5-6

20150711_5

20150711_6

Top
PAGE TOP