ダイエーの食品DS「ビッグ・エー」、日本橋店を本日オープン

ダイエーの食品DS「ビッグ・エー」、日本橋店を本日オープン

ダイエー子会社の「ビッグ・エー関西」は、日本橋5丁目に食品ディスカウントストアの「ビッグ・エー(Big-A)」を29日にオープンした。関西地区での出店は、8月にオープンした南海本線住ノ江駅前(大阪市住之江区)に次いで2店舗目となる。

「ビッグ・エー」は、ダイエーグループが1979年より展開している食品ディスカウントストア。レジ袋の有料化(1枚5円)や販促費の抑制(チラシ配布は原則月1回のみ)、入荷した商品もダンボールのまま陳列するなどの徹底したローコストオペレーションにより「“毎日がお買い得”の実現」を店舗コンセプトとしている。これまでの店舗展開は関東地区のみだったが、今年新たに関西地区の運営会社「ビッグ・エー関西」を設立。今後5年間で、大阪府下を中心に50店舗の出店を目標にしているという。

今回出店したのは、地下鉄恵美須町駅から堺筋を少し東に入った「山田ビル」1階部分。この場所は、ここ数年の間に様々なスーパーが出店しながらその全てが短命に終わっているが、これまでの中途半端な生鮮食品スーパーとは違い、低価格という方向性が明確になった業態であることから今後の成否も注目される。

住所:浪速区日本橋5-7-10

■関連リンク
ビッグ・エー ※9月29日現在、関西地区の情報は掲載されていない
ダイエーニュースリリース:『ビッグ・エー 住ノ江駅前店』のオープンについて(2011年8月1日)
MSN産経ニュース:ビッグ・エー関西の白石社長 「大阪府内に5年で50店」(2011年8月4日)
■関連記事
2011.09.08 – ダイエーのDS業態「ビッグ・エー」、恵美須町に9月末オープン予定

Top
PAGE TOP