パティスリーブラザーズ、難波アトリエでの直売を近日開始

パティスリーブラザーズ、難波アトリエでの直売を近日開始

なんさん通りを一本南に入った路地(難波中2丁目)にあるスイーツショップ「パティスリーブラザーズ」の難波アトリエ(工場)が、工場での直売を近日中に開始することを現地にて告知している。
「-ブラザーズ」の誕生は2008年7月(本店・西宮市)と新しいものの、バウムクーヘンや地元に因んだ「えびすロール」などが評判を呼び、現在は関東・関西に6店舗を展開するまでに急成長。近隣ではなんばCITY(本館1階)にも出店している。
また最近では「カラーバウムクーヘン」や「キューブシュークリーム」など、見た目にもカラフルな新商品も展開し、こちらも人気を集めている。

なお、アトリエ開設時には同店の運営会社「MKSコーポレーション」専務・嵜本晃次氏が自らのブログで弊サイトの記事にも言及し「いつかはアトリエで工場直売的な感じで販売したいな」とコメントしていたが、その構想が1年有余を経てようやく実現する形となった。

■関連サイト
おどろ菓子を提供する西宮のパティスリーブラザーズ
MKSコーポレーション(「パティスリーブラザーズ」の運営会社)
■関連記事
2009.07.25 – なんさん通り裏の白いビルの正体は、話題のスイーツ……?

開店カテゴリの最新記事

Top