難波バレビル、リニューアル計画は事実上の仕切り直し?

難波バレビル、リニューアル計画は事実上の仕切り直し?

昨年からリニューアル計画が進められていた「難波バレビル」(難波中2丁目・なんさん通り南側)で、最近になって色々と変化が。
昨年末頃から壁面には新たに「難波バレビルは来春、ポップカルチャービルに生まれ変わります」という掲示がされているのだが、昨春の段階では「『働く』・『遊ぶ』・『クリエイトする』をサポートする新コンセプトSOHOビルとして生まれ変わります」として、空きフロアを小規模事業者向けのSOHOブースと商品販売用ブースに改装し入居者募集を行っていた。つまり、当初の計画は事実上の白紙となり、コンセプトも修正した上でテナント誘致を仕切り直していると考えるのが妥当なところか。

なお、今月初めにはメイドカフェ&バーの「めいどりーみん」が、オタロード店に続く大阪2号店となる「なんば店」を3階部分に出店。残る空きフロアにも首尾良く「ポップカルチャー」なテナント誘致が進むのか、今後の動きにも注目したいところ。

■関連リンク
めいどりーみん
■関連記事
2011.05.10 – 難波バレビル、今夏にSOHOビルとしてリニューアル

現在のビル外観。右側には
「めいどりーみん」の縦長看板が
昨年末から新たに掲示された
リニューアルの告知
昨春に掲示されていた
リニューアルコンセプト
Top
PAGE TOP