南海高架下「EKIKANプロジェクト」第3期エリアが開業

2016年04月20日[開店,企業動向

南海電鉄が2014年から進める、難波駅~今宮戎駅間の高架下を商業施設として活用する「なんばEKIKANプロジェクト」の第3期エリアが4月15日にオープン。難波駅から今宮戎駅まで約1kmにわたる高架下の大半が商業施設としてつながる形となった。
同プロジェクトは2014年4月に第1期エリア、2015年3月に第2期エリアで合計6店舗がオープン。今回の第3期エリアでは「人と人とをつなぐ」をコンセプトに、カフェ・ピザ・クラフトビール「BROOKLYN ROASTING COMPANY(ブルックリンロースティングカンパニー)」、家具・雑貨
「CRASH GATE(クラッシュゲート)」、スポーツ用品・革製品「HATAKEYAMA(ハタケヤマ)」の3店舗が出店した。
ブルックリンロースティングカンパニーは、ニューヨーク発のスペシャルティコーヒーショップ。2013年、大阪・北浜に国内初の店舗をオープンし、2店舗目となる当店は国内旗艦店として位置づけ168坪の大型規模で展開。ローリング社製の最新鋭ロースターを設置したカフェと、ニューヨークスタイルピザやクラフトビールなどを提供するバーを設け、本場ニューヨークさながらの雰囲気を楽しめる。
クラッシュゲートは、家具産地として知られる福岡県大川市の家具メーカー・関家具が手掛けるインテリアショップで、大阪では吹田エキスポシティに続く2店舗目の出店。
ハタケヤマは、大阪市平野区で創業30周年を迎えた野球用品メーカーによる国内唯一の直営販売店。和牛の革にこだわったグラブは、プロ野球選手にも多数愛用されているという。
そのほか、エリア内には高架竣工当時の1930年代に製造された鉄道レールを展示するスペースも設けられている。

住所:浪速区敷津東1-1-21(南海電鉄高架下)

■関連リンク
なんばEKIKANプロジェクト

■関連記事
南海高架下「なんばEKIKANプロジェクト」始動 自転車・工具の専門店2店舗出店(2014年04月27日)

20160420_1

20160420_2

20160420_3

20160420_4

20160420_5

トップページに戻る

記事内の全ての情報は掲載日当時の記録であり、現時点の内容とは差異が生じている可能性もございます。情報の利用に際しては必要に応じ店舗や関係各所に問合わせる等、各自でご確認・ご判断下さい。/記事の内容につき、個別にご回答することはいたしかねます。/記事内のすべての情報はあくまでも利用者の個人使用のみのために提供されているものであり、商用目的のために提供されているものではありません。また、登場する店舗の営業活動についての評価や推奨をするものではありません。/必要な場合はこのページ自身にリンクをお張りください。業務関係でご利用の場合は別途お問い合わせください。
Top