【プレスリリース】「日本橋地域の店舗出店動向調査結果」2016年版を公開

2017年01月28日[調査/プレスリリース

-------------------------
大阪・日本橋 店舗数は弱含み、飲食店の好調続く
~日本橋地域の店舗出店動向調査結果(2016年)を発表~
-------------------------

大阪・日本橋を拠点に地域情報サイト「NIPPON-BASHI SHOP HEADLINE(日本橋ショップヘッドライン)」と、フリーペーパー「pontab(ぽんタブ)」を運営する有限会社デシリットル・ファクトリー(大阪市中央区日本橋、代表取締役:楠瀬航)では、日本橋地域の現況を定量的に把握するため、店舗の出店・退店状況や業種別動向などを「日本橋地域の店舗出店動向調査」として毎年発表しています。
このたび、2016年分の調査結果がまとまりましたのでお知らせいたします。

2016年の日本橋地域全体での新規出店は67店舗となり、例年を上回る高水準での出店が見られました。しかし、退店がそれを上回る70店舗となったことから、差し引き3店舗の減少となりました。
なお、店舗数については2014年に26店舗の大幅増を記録して以来、いずれはその反動が来ると予想されたものの、予想に反して2015年は増減無し、そして2016年も3店舗の減少にとどまっていることから、若干弱含みながらも現状維持にはほぼ成功した形となっています。
業種別の動向では、これまで一貫して続いてきた「物販店舗の減少を、飲食・サービス系店舗の増加でカバーする」という傾向に変化が見られました。特にサービス系店舗で、これまでの店舗数増加を牽引してきた「ゲームセンター(クレーンゲーム専門店)」「携帯電話・スマートフォンの買取専門店」、そして日本橋ではおなじみの「メイドリフレ」といったジャンルの出店が軒並み減速、その結果店舗数も2005年の調査開始以来初の減少に転じました。その反面で飲食店舗の新規出店は引き続き旺盛で、とりわけ観光客も多く訪れる「オタロード」周辺での新規出店が目立ち、来街者のニーズを反映してか、牛カツや肉丼などの「肉」関連を筆頭にラーメンやカレーの専門店など、「がっつり」「こってり」したスタイルの店舗が一年を通して話題を集めました。
エリア別の傾向では、難波寄りとなる難波中2丁目や日本橋4丁目では堅調に推移する一方で、日本橋5丁目では昨年に続いて大幅減となり、従来からの課題である「南北格差」がさらに拡大する結果となっています。

調査の詳細は、今月下旬より配布を開始した「pontab」最新号(Vol.25/2017年1月21日発行)にて掲載しております。なお、紙面は「pontab」の公式サイトでも公開しております。

【調査概要】
調査範囲:
大阪市浪速区難波中2丁目・日本橋3~5丁目(でんでんタウン/日本橋電気街)
調査期間:
2016年1月1日~2016年12月31日(1年間)
調査項目:
1.出店・退店の概況
2.業種別出店状況
3.各エリア別出店状況
4.新規出店の立地および運営組織形態
5.新規出店店舗の継続性
6.注目すべき業種等の動向、その他考察

--------------------
【このプレスリリースについてのお問い合わせ】
NIPPON-BASHI SHOP HEADLINE 編集部
(有限会社デシリットル・ファクトリー内 担当:楠瀬/立花)
〒542-0073 大阪市中央区日本橋1-25-18 新浪花ビル505
※お問い合わせはこちらのメールフォームにて承ります
--------------------

トップページに戻る

記事内の全ての情報は掲載日当時の記録であり、現時点の内容とは差異が生じている可能性もございます。情報の利用に際しては必要に応じ店舗や関係各所に問合わせる等、各自でご確認・ご判断下さい。/記事の内容につき、個別にご回答することはいたしかねます。/記事内のすべての情報はあくまでも利用者の個人使用のみのために提供されているものであり、商用目的のために提供されているものではありません。また、登場する店舗の営業活動についての評価や推奨をするものではありません。/必要な場合はこのページ自身にリンクをお張りください。業務関係でご利用の場合は別途お問い合わせください。
Top