日本橋4丁目・堺筋沿いにビジネスホテル「東横INN」がオープン

2015年07月27日[開店,開発動向,企業動向

全国で宿泊特化型のビジネスホテルチェーンを展開する東横イン(本社・東京都大田区)は、日本橋4丁目(堺筋アーケード西側)で「東横INN 大阪なんば日本橋」の営業を本日27日より開始した。

東横インは、地主が建設した同社仕様のホテルを25年間借り受けて運営する形式で、国内主要都市の駅前などを中心に約250カ所のビジネスホテルを展開。大阪市内でもすでに梅田・なんば・天王寺・新大阪など主要ターミナルをはじめとして都心部に数多く進出しており、当ホテルは大阪市内で19カ所目になる。なお、近年の新規オープンに際しては看板などの表記が「東横イン」からアルファベットを使用した「東横INN」に変わっており、既存ホテルについても徐々にこの表記へと統一される動きが見られる。

ちなみに当ホテルが建つ場所には、かつて日本橋を代表する家電量販店のひとつとして相応の知名度を有した「ニノミヤ」の本店があったが、同社は競合激化による売上減少や同族経営ゆえの迷走などから2005年1月に経営破綻。規模を縮小して自主再建に取り組むも結果的には奏功せず、2007年5月に自主廃業し会社自体も清算された。その後、地場のマンションデベロッパー・東昌リアライズ(大阪市東淀川区)が土地を取得しワンルームマンションの建設を計画するも、運悪くリーマンショックによって計画が頓挫。2009年秋頃から屋台村としての暫定利用が行われた後、2012年6月に地元の建設会社・吉富建設(大阪市中央区)に所有権が移転し、同社が施工主となってビジネスホテルの入居を前提としたビル建設に着手していた。旧ニノミヤの店舗閉鎖以来、約8年ぶりに空地状態からの脱出が実現したことになる。

また、東横インの既存ホテルとしては浪速区元町の国道25号沿いに「東横INN 大阪なんば」が存在するが、当ホテルのオープンに合わせて混同を避けるため名称が「東横INN 大阪なんば府立体育会館」へと変更されている。

住所:浪速区日本橋4-11-15

■関連リンク
東横INN(「東横INN 大阪なんば日本橋」についての情報はこちら

■関連記事
日本橋4丁目に建設中のホテル「東横INN」、オープンは7月末に(2015年01月29日)
ニノミヤ日本橋本店跡にはビジネスホテル「東横イン」が来春進出(2014年06月21日)

20150727_4

20150727_5

トップページに戻る

記事内の全ての情報は掲載日当時の記録であり、現時点の内容とは差異が生じている可能性もございます。情報の利用に際しては必要に応じ店舗や関係各所に問合わせる等、各自でご確認・ご判断下さい。/記事の内容につき、個別にご回答することはいたしかねます。/記事内のすべての情報はあくまでも利用者の個人使用のみのために提供されているものであり、商用目的のために提供されているものではありません。また、登場する店舗の営業活動についての評価や推奨をするものではありません。/必要な場合はこのページ自身にリンクをお張りください。業務関係でご利用の場合は別途お問い合わせください。
Top